読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっかけないマンガたち

ちょっと変わったマンガを紹介します。

青春うるはし! うるし部

このマンガがマイナー過ぎる!
思えば今年はカバディ部サバゲ部のマンガが上梓されるなど、マイナー部活好きにはたまらない一年でした。

カバディ7 ?

カバディ7 ?

さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)

さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)

今回取り上げるマンガも負けず劣らずマイナー、うるし部です。
ジャンルは、そうですね、「うるしウンチク+ギャグ+へたうま」とでもしておきましょう。
なんと作者堀道広は、13年間もの修行経験を持つうるし職人。
13年の体験取材は一体どんな形で実を結んだのでしょうか?
うるし部の熱き魂が200ページの大ボリュームで炸裂! 
読者諸君刮目せよ!


〈お詫びと言い訳〉
……はい、2007年刊です。全然今年の話題と関係なくてすみません。
部活動自体がマイナーなら、それを扱ったマンガはもっとマイナーなんです。ついつい発見が遅れがちに……。どうかご勘弁願います。

必殺技がすごい!
主人公漆原塗平の必殺技がすごいです。ことあるごとに、動力不明のドリルスピンを魅せてくれます。
その代わり、毎回調子に乗りすぎて失踪……。うるしとの付き合いはまさに命懸けです。


首がすごい!
連載当初から特徴的だったが、中盤からどんどん伸びていきます
女性は長く細く、男性は長く太く。特に下のカットは人間と認めたくないような気もします


ホラー描写がすごい!
うるし部一の巨乳古瀬絵理子。キャラ付けに行き詰まりを感じたのか、妙なホラー的変身を遂げます。
村上ゆう子の幻想・怪奇的なうるし作品も必見。


エロス・ロマンス・バイオレンスがすごい! 
事件は部室の外で起きています。
単なるうるしウンチクに囚われることなく、エンターテイメント性もしっかり意識しているようです。

時は流れ20年後――。
不慮の事故で頭部を怪我するも奇跡的に一命を取り留めた漆原。20回留年する間に、何やら悟りを開いた模様。
バラバラになってしまったうるし部員たちは再び友情を取り戻せるのか?
そして、村上の不敵な笑みが意味するものとは!?
結末はみなさんご自身の目でお確かめください。


画力偏重の現代マンガ界。今必要とされているのは、本来マンガが持っていた「落書き」としてのおもしろさではないでしょうか。
思わず、作画崩壊っていうレベルじゃねーぞ と叫びたくなる「青春うるはし!うるし部」には確かにそのパワーが宿っています。
今回はやむなく割愛したうるしウンチクも、読み飛ばさず一字一句暗記するくらいの勢いで学んでほしいものです。

(出典)「青春うるはし! うるし部」堀道広 青林工藝舎 2007

青春うるはし!うるし部 (URUSHI COMICS)

青春うるはし!うるし部 (URUSHI COMICS)

東邦産業 うるし 茶 UB-08[HTRC 3]

東邦産業 うるし 茶 UB-08[HTRC 3]

留年決定

留年決定